フランス革命 革命の勃発 球技場の誓い
球戯場〈テニスコート〉の誓い(ジャック=ルイ・ダヴィッド画/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

球戯場の誓い (テニスコートの誓い)(A.D.1789) 1789年5月5日始った全国三部会は、議決方法をめぐって貴族、聖職者、第三身分の3身分間に紛争が起り、第三身分の代議員たちはみずからを国民の代表として身分制議会を否定し、みずからの会を「国民議会」と宣言。6月20日議場が閉鎖されていたので、ヴェルサイユ宮殿の球戯場に集まり、憲法を制定するまで解散しないことを宣誓した。貴族、聖職者の一部も参加して、7月9日国民議会は「憲法制定国民議会」と改称。