田村遺跡群 農耕社会の成立
弥生時代前期の水田跡 (高知県田村遺跡) Source Wikipedia

田村遺跡

Previous Post

Next Post

田村遺跡 2000年2月に高知県南国市で見つかった、全国で最大級の弥生時代の集落遺跡。約2000年前(弥生時代中期後半)からの約100年間につくられた約450棟の竪穴住居、約400棟の掘立柱建物の計約850棟が確認された。三重の環濠や大量の土器やガラス玉、環状石斧せきふを始め、銅鏡片、神殿らしい建物が描かれた土器、人面獣身の土偶などが出土。北部九州より古い弥生土器もあるとされ、早くから発展し、盛期には「1000人規模の弥生都市だった」との見解も出されている。(朝日新聞出版発行「知恵蔵」)

Previous Post

Next Post