異国船打払令
阿蘭陀船入津之図(画像出典:国立国会図書館)

異国船打払令

/

異国船打払令 いこくせんうちはらいれい (A.D.1825) 清・蘭船以外は二念なく(ためらうことなく)撃退することを命じた法令。無二念打払令ともいう。フェートン号事件につづく1818年のイギリス人ゴルドンの通商要求、24年の常陸大津浜・薩摩宝島でのイギリス捕鯨船暴行事件などに対する対応措置。