白村江の戦い 律令国家への道
白村江の戦い ©世界の歴史まっぷ

白村江の戦い (A.D.663) 白村江の戦いはくそんこうのたたかいは、朝鮮半島の白村江で行われた、倭国・百済遺民連合軍と、唐・新羅連合軍との海戦。 高句麗と百済が連合して新羅に侵攻したため新羅は唐に救済を求め、高宗(唐)は660年百済を滅亡した。残った百済の遺臣らは百済復興をかかげ、倭国に滞在していた百済王子豊璋ほうしょうの送還と援軍の派遣を要請した。百済を復興して朝鮮半島における倭国の優位性を復活させようと考え、大軍を派遣させたが、唐軍の大勝に終わり、日本は半島から手を引くこととなった。