白蓮教徒の乱
白蓮教徒の乱(1796〜1804)は、四川・湖北・陝西省の新開地で発生した ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

白蓮教徒の乱 びゃくれんきょうとのらん A.D.1796〜A.D.1804に発生した、白蓮教徒を中心とする大規模な民衆反乱。八旗・緑営の無力化が露呈し、郷勇が台頭するきっかけとなった。鎮定に莫大な費用を要し、国庫は窮乏した。1351年紅巾の乱の別名でもある。

Previous Post