相国寺
相国寺法堂正面 (重要文化財)Wikipedia

相国寺

/ /

Previous Post

Next Post

相国寺 しょうこくじ 臨済宗相国寺派の大本山。京都五山第二位に列せられる名刹。正式名称は萬年山相國承天禅寺。14世紀末、夢窓疎石を開山とし、室町幕府3代将軍の足利義満により創建され、幾度も焼失と復興の歴史を繰り返し、現存する法堂は日本最古の法堂建築として1605年に再建されたもの(重要文化財)。山外塔頭に鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、真如寺があり、全国に100カ寺の末寺を擁している。

Previous Post

Next Post