石見銀山遺跡とその文化的景観
清水谷精錬所跡 Wikipedia

石見銀山遺跡とその文化的景観

Previous Post

Next Post

石見銀山遺跡とその文化的景観 石見銀山いわみぎんざんは、17世紀ごろの日本は全世界の銀産出量の3分の1に相当する量の銀を産出していたと考えられ、東アジア以外にポルトガルやスペインなどヨーロッパへも輸出していた。銀生産に直接かかわる「鉱山と鉱山町」銀や物資を運搬する「街道」物資を搬出入する「港と港町」銀の精錬に必要な薪炭材の供給源として守られた周囲の自然と、社会基盤整備も含めた鉱山運営の全体像や変遷を示している点が産業遺産として評価され世界遺産に登録されている。

世界遺産情報

石見銀山遺跡とその文化的景観

日本
登録日
2007年 2010年範囲変更
登録区分
文化遺産 遺跡(文化的景観)
登録名
石見銀山遺跡とその文化的景観
その他
(ⅱ) (ⅲ) (ⅴ)
Previous Post

Next Post