福島正則
福島正則(岩松院蔵)©Public Domain

福島正則

/ / /

Previous Post

Next Post

福島正則 ふくしままさのり(A.D.1561〜A.D.1624) 安土桃山~江戸時代初期の武将。幼時から豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳の七本槍、七将の一人。文官派の石田三成とそりが合わず、秀吉死後は公然と徳川家康に与した。関ヶ原の戦いでは先陣を務め勇戦し、広島城主(49万8000石)となる。しかし、武家諸法度の城郭修補の項に違反した理由で改易され、のち信州川中島(4万5000石)へ転封された。

Previous Post

Next Post