科挙
科挙 (Xu Yang, 18. century painter from Suzhou, China) ©Public Domain
Previous Post

Next Post

科挙 (598年~1905年) 科挙かきょは、門閥貴族の台頭という弊害を招いた九品中正法にかわって、文帝(隋)が、家柄や財産に関係なく、有能な人材を高級官僚に登用できるよう、試験による官吏登用制度としてはじめた。元代に40年ほど中断されるが、清末の1905年に廃止されるまで、約1300年間にわたって続けられた。

Previous Post

Next Post