種子島時尭
第14代島主種子島時尭公像 (種子島開発総合センター付近)©Public Domain

種子島時尭

/

Previous Post

Next Post

種子島時尭 たねがしまときたか(A.D.1528〜A.D.1579) 日本で初めて鉄砲を入手。種子島第14代島主。1542年(天文11)、父と対立し島津貴久の調停で和睦。島津氏に仕え、大隅の禰寝氏と抗争し屋久島に築城しとといわれる。1543年、倭寇が種子島に漂着し、ポルトガル人のもっていた鉄砲(火縄銃)を求め、家臣にその使用法と製造法を学ばせた。伝説によると、鋳物師の八板金兵衛はポルトガル人船長に娘の若狭を人身御供に献じ、その製法を教わったというが、こののち鉄砲はたちまち日本国中に広まった。

Previous Post

Next Post