細川忠興
細川忠興(作者不明/永青文庫蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

細川忠興

/

Previous Post

Next Post

細川忠興 ほそかわただおき(A.D.1563〜A.D.1645) 戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。丹後国宮津城主を経て、豊前小倉藩の初代藩主。肥後細川家初代。正室は明智光秀の娘・玉子(細川ガラシャ)。室町幕府の瓦解後、父藤孝とともに信長、秀吉に従って転戦。関ヶ原の戦いで東軍に与し、豊前40万石を領した。晩年は有職故実や茶の湯を楽しみ、茶の世界では利体七哲のひとりに数えられている。

Previous Post

Next Post