纒向遺跡
纒向遺跡 Source: Google Map

纒向遺跡

/ /

Previous Post

Next Post

纒向遺跡 弥生時代・古墳時代 纒向遺跡まきむくいせきは、奈良県桜井市の三輪山の北西麓一帯にある、弥生時代末期から古墳時代前期にかけての集落遺跡。国の史跡に指定されている。 3世紀に始まる遺跡で、一帯は前方後円墳発祥の地と推定される。邪馬台国の中心地に比定する説があり、卑弥呼の墓との説もある箸墓古墳などの6つの古墳が分布する。

Previous Post

Next Post