翟譲 隋唐演義
翟譲「隋唐演義」©浙江永楽影視制作有限公司

翟譲


Previous Post

Next Post

翟譲てきじょう (不詳〜617年)

中国の隋末の民衆叛乱の指導者。本貫は、東郡韋城県(現在の河南省安陽市滑県)。
瓦崗寨がこうさい寨主。単雄信・王伯当・徐世勣・李密らを迎え共に隋軍を撃破を撃破するも、最期は李密に殺される。

翟譲

経歴

  • 隋に仕えて東都法曹となったが、616年に事件に連座して斬刑となるところ、獄吏の黄君漢の助けで脱獄した。
  • 瓦崗がこうに逃れて隋に叛いた。
  • 単雄信・徐世勣らを迎えて、東郡と梁郡の境で公私の船を掠奪し、一万人あまりの人々を集めた。
  • 李密・王伯当らを迎え、李密の活躍により隋(王朝)河南討捕大使張須陀を敗死させた。
  • 617年、李密の勧めで東都洛陽の攻略に乗り出し、興洛倉を奪取して、官倉を開き民衆にほしいままに取らせた。
  • また裴仁基らの隋軍を撃破した。
  • 李密を公に擁立して、自身は上柱国・司徒・東郡公を称した。
  • 李密は回洛倉や黎陽を奪い、王世充らの隋軍を撃破し、竇建徳や朱粲を帰服させ、裴仁基や柴孝和らを迎えて威勢は振るった。
  • 王儒信や翟譲の兄の翟弘らが翟譲に李密の大権を奪うよう勧め、翟譲はこれを笑い飛ばしたが、李密はこのことを知って憎んだ。
  • 房彦藻や鄭頲が翟譲の貪欲不仁ぶりを李密に告発し、翟譲を排除するよう勧めた。李密は逡巡したが、やがて説得に応じ、翟譲を酒席に招いた。
  • 李密が良弓を持ち出したので、翟譲はその弓を引いてみたところ、蔡建徳に後ろから斬られた。
  • 直後に翟弘・翟摩侯・王儒信らも殺された。

Wikipedia

翟譲が登場する作品

「隋唐演義」

隋唐演義 翟譲
46人の契り「隋唐演義」©浙江永楽影視制作有限公司

隋唐演義 集いし46人の英雄と滅びゆく帝国 登場人物とあらすじ – 世界の歴史まっぷ

■DVD
ポニーキャニオン
¥16,800 (2022/08/12 16:57:51時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B00XN26JGQ
広告
Previous Post

Next Post