耶律阿保機
耶律阿保機 中国山西省怀仁县迎宾广场“怀想仁人”雕塑 Wikipedia

耶律阿保機

Previous Post

Next Post

耶律阿保機( A.D.872〜A.D.926)

耶律阿保機りやつあぼきは、遼(契丹)初代皇帝(在位907〜926)。契丹の8部族を統合し、916年に遼を建国して帝位に就き、都を内モンゴルの臨潢りんこうとした。924年、西方に遠征して、タングルート(党項とうこう)や吐谷渾とよくこんなどを征服して支配圏をオルドス地方にまで広げ、東方では926年、渤海ぼっかいを滅ぼした。

耶律阿保機

華北から広大な版図を形成

遼(王朝)の初代皇帝。契丹族出身で、諸部族を統合して皇帝を名乗り、渤海を滅ぼした。

created by Rinker
¥903 (2021/06/22 21:10:44時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

四方に制服の手を伸ばしたキタイの雄

契丹(遼)の創始者。キタイ(契丹)の8部族の長となったのに続いて、同族に近い奚族けいぞくを併合。916年にテングリ・ハン(天可汗てんかがん・天皇王)を称して契丹国と名乗る。外モンゴルから東トルキスタンまでを制圧した後、東方に向かい、渤海を滅ぼした。

created by Rinker
¥2,640 (2021/06/22 21:12:38時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4418122362

東アジア世界の形成と発展

東アジア世界の形成と発展
東アジア世界の形成と発展 ©世界の歴史まっぷ

東アジア諸地域の自立化

遼の成立

10世紀初め、耶律阿保機りやつあぼき(太祖)が契丹の8部族を統合し、916年、りょう遼朝 916〜1125)を建国して帝位に就き、都を内モンゴルの臨潢りんこうとした。さらに924年、西方に遠征して、タングルート(党項とうこう)や吐谷渾とよくこんなどを征服して支配圏をオルドス地方にまで広げ、東方では926年、唐代以来「海東の盛国」といわれた渤海ぼっかいを滅ぼした。

建国当初は大契丹国と称したが、947年、第2代太宗が中国風に遼と改めた。
11世紀の東アジア地図
11世紀の東アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

契丹族の固有の宗教は、シャーマニズムであったが、太祖耶律阿保機の建国以後、仏教が取り入れられて、各地に寺院(河北省の独楽寺どくらくじや大同の下華厳寺げけこんじなど)や白塔はくとうが建立され、大蔵経だいぞうきょうも刊行された。

白塔:遼代の仏教建築を代表する白亜の仏塔。慶州遺跡の西北端に立つ。1049年創建。

遼の言語はアルタイ語に属し、ウイグル文字や漢字の影響で建国のはじめに独自の契丹文字をつくった。

契丹文字は、大字と小字からなり、大字は、920年に太祖耶律阿保機が漢字をまねてつくり、小字は皇子の耶律迭剌やりつてつらがウイグル文字をまねてつくったといわれる。形態は漢字に類似し、また西夏文字とは異なり、いくらかの表音声もあるが、解読はなお不完全なままである。
契丹文字(左)と西夏文字
契丹文字(左)と西夏文字

契丹文字は、数個の文字を組み合わせて一語を形成する。西夏文字は、契丹文字と同じように、漢字を似せた文字をいくつか組み合わせて一語を形成する。

参考 詳説世界史研究

子女

  • 耶律突欲(皇太子、東丹国王(懐王)、耶律履、耶律楚材父子の祖とする)
  • 耶律堯骨(太宗)
  • 耶律李胡
  • 耶律牙里果(子に敵烈、室、奚底ら、耶律大石の祖とする)

参考 Wikipedia

広告
Previous Post

Next Post