英仏通商条約(イーデン条約)
(ジェイムズ・ギルレイ James Gillray画/ナショナル・ポートレート・ギャラリー蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

英仏通商条約(イーデン条約)

/

Previous Post

英仏通商条約(イーデン条約) (A.D.1786) 1786年、産業革命期のイギリス(トーリ派)とアンシャン・レジーム期のフランスブルボン朝との間に結ばれた自由貿易主義を原則とする通商条約。イーデン条約とも呼ばれる。フランスの重農主義者の経済的自由主義の主張とイギリスの産業資本の海外市場要求の声に動かされ、関税引下げによる貿易自由化を決定したため、フランスには安価なイギリス製品が流入し、工業危機を招いてフランス革命を招く一因となる。

Previous Post