英露協商
The Euphrates Valley: Syria, Kurdistan, et cetera by Edward Stanford Ltd., 1907-1920 circa(WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

英露協商 (A.D.1907) ドイツの世界政策やバルカン進出に対抗するため、イギリスとロシアが結んだ協約。イランに関しては北部がロシア、南東部がイギリスの勢力範囲、チベットへは両国が不干渉、を取り決めた。