思悼世子の手紙
思悼世子の手紙 ©Public domain

荘献世子


Previous Post

Next Post

荘献世子そうけんせいし (チャンホンセジャ)、思悼世子(しとうせいし、サドセジャ、사도세자)とも呼ばれる。
李氏朝鮮の第21代王英祖の次男。第22代王正祖の実父。壬午士禍で餓死する。

荘献世子

本貫 全州李氏
続柄 英祖第二子
諱 李愃
字 允寛
諡号 思悼綏徳敦慶弘仁景祉章倫隆範基命彰休贊元憲誠啓祥顕熙荘献世子(英祖による)
思悼綏徳敦慶弘仁景祉章倫隆範基命彰休賛元憲誠啓祥顕熙神文桓武荘献広孝懿皇帝(高宗による)
生年 雍正13年1月21日
(1735年2月13日)
出生地 漢城府、昌慶宮
没年 乾隆27年閏5月21日
(1762年8月12日)
没死地 漢城府、昌慶宮
父 英祖
義母 貞純王后 生母 映嬪李氏
配偶者 恵慶宮洪氏(洪鳳漢の娘)
子女 正祖、恩彦君、恩信君

父王英祖の時代、少論と老論の激しい党派争いが耐えなかった。
荘献世子は2歳で王世子に冊立され、少論派から支持され、朝廷を掌握していた老論派と対立した。
1749年 英祖の健康悪化のため、荘献世子が代理聴政をとる。
1762年 壬午士禍 貞純王后ら老論派の画策で、英祖は荘献世子を廃世子し、米櫃の中に閉じこめ飢死させた。

トンイ・イ・サン 党派相関図

党派相関図

荘献世子が登場する作品

イ・サン

荘献世子 - イ・サン
イ・サン

イ・サン

DVD

バップ
¥11,800 (2021/09/27 10:56:41時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B002P88K66
広告
Previous Post

Next Post