菜畑遺跡 農耕社会の成立 生活と信仰
菜畑遺跡・末盧館 Source Wikipedia

菜畑遺跡

/ / /

Previous Post

Next Post

菜畑遺跡 佐賀県唐津市菜畑にある集落跡。標高10m前後の平野に面した緩やかな丘陵の先端部に立地する。日本最古とみられる稲作遺跡をともなう集落跡で、遺構は16層からなり、水田の遺構が確認されたのは縄文時代晩期後半の12層。それより上層にも弥生時代中期までの水田遺構が検出された。水田遺構は18m2余りの小さな4枚の田で、当時は直播きで栽培されたと推測されている。木製の鍬、石包丁、石斧せきふをはじめ土器など豊富な遺物が出土した。 (講談社国指定史跡ガイドについて)

Previous Post

Next Post