蓮如
蓮如 ©Public Domain

蓮如


蓮如 れんにょ( A.D.1415〜A.D.1499)

室町時代の浄土真宗じょうどしんしゅうの僧。本願寺第八世。本願寺を大教団に育てた真宗中興の祖。親鸞しんらんの教えを手紙形式でわかりやすくつづった「御文おふみ」によって民衆を教化きょうけする方法で信者を増やし、のちの真宗発展の礎を築いた。

蓮如

本願寺を大教団に育てた真宗中興の祖

浄土真宗じょうどしんしゅうの僧。本願寺第八世。真宗中興ちゅうこうの祖。43歳で父の存如ぞんにょ(七世)のあとを継ぎ、衰退していた本願寺を積極的な布教によって再興した。親鸞しんらんの教えを手紙形式でわかりやすくつづった「御文おふみ」によって民衆を教化きょうけする方法で信者を増やし、のちの真宗発展の礎を築いた。

ビジュアル版 日本史1000人 上巻 -古代国家の誕生から秀吉の天下統一まで

武家社会の成長

幕府の衰退と庶民の台頭

幕府の動揺と応仁の乱

1488(長享2)年におこった加賀の一向一揆も、その一つの現れであった。この一揆は、本願寺蓮如兼寿けんじゅ 1415〜99)の布教によって近畿・東海・北陸に広まった浄土真宗本願寺派の勢力を背景とし、加賀の門徒が国人と手を結び、守護富樫政親とがしまさちか(1455〜88)を倒したもので、以後、一揆が実質的に支配する本願寺領国が、織田信長に制圧されるまで、1世紀にわたって続いた。

¥2,750 (2021/07/31 10:39:02時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739

同時代の人物

イサベル1世(カスティーリャ女王)(1451〜1504)

カスティーリャ王国女王。夫がアラゴン王になると、2国の統一となってスペイン王国が成立した。2人で共同統治し、レコンキスタを終了させ、法律・行政・税制を整備し王権を強化した。また、コロンブスの新航路発見を援助し、スペイン大航海時代の幕開けを飾った。

広告