蓮華王院本堂
蓮華王院本堂 Wikipedia

蓮華王院本堂

/ / /

Previous Post

蓮華王院本堂 蓮華王院本堂れんげおういんほんどう三十三間堂さんじゅうさんげんどう)は、平安後期、後白河法皇の勅願で、平清盛が私費を投じて法住寺殿に建立した蓮華王院の本堂。「蓮華王」とは千手観音のこと。中尊の千手観音坐像をはじめとする仏像は、長寛2(1164)年に安置されたが、本堂と仏像の一部が建長の大火で焼失、鎌倉時代中期に本堂が再建された。

Previous Post