隋唐演義 煬愍蕭皇后
蕭美娘「隋唐演義」©浙江永楽影視制作有限公司

煬愍蕭皇后

Previous Post

Next Post

煬愍蕭皇后 蕭美娘しょうびじょうは、陳王の妃の一人だったが、陳の滅亡後は楊広の正妻となり、皇位継承をねらう楊広の陰謀に加担し皇后の座におさまる。それは、実は隋への復讐心からだった。陳王の妹で楊堅と楊広の側室にされた陳宣華と共に楊広を毒殺する機会をうかがい、一方では李密や宇文化及を誘惑して愛人に。楊広の自殺後は玉璽と引き換えに李密に身柄を引き取られるが、瓦崗寨の英雄たちの反発を招く。(隋唐演義)

Previous Post

Next Post