薬師寺金堂薬師三尊像
薬師寺金堂薬師三尊像(国宝)©世界の歴史まっぷ

薬師寺金堂薬師三尊像

Previous Post

薬師寺金堂薬師三尊像 (718年前後)国宝。
造立期は白鳳時代と天平時代の2説がある。蓮座には、葡萄(ギリシア)、蓮の花(中東)からインドや中国までさまざまな様式が反映される。また、薬壺を持たない形式である。

  • 名称:銅造薬師如来及両脇侍像(金堂安置)
  • 員数: 3躯
  • 種別: 彫刻
  • 国: 日本
  • 時代: 奈良時代
  • 区分: 国宝
  • 国宝指定年月日: 1951年6月9日
  • 所在都道府県: 奈良県
  • 所在地: 奈良県奈良市西ノ京町457
  • 保管施設の名称: 薬師寺
  • 所有者名: 薬師寺

薬師寺金堂薬師三尊像

中央に薬師如来像、脇侍が日光菩薩像(右)と月光菩薩像(左)。豊かな体つき、写実的な衣文などを表現。初唐文化の影響を受け、若々しさに満ちている。金銅像。

参考 新詳日本史―地図資料年表

外部リンク

広告
Previous Post