藤原京 藤原京条坊図
藤原京条坊図 ©世界の歴史まっぷ

藤原京


Previous Post

Next Post

藤原京 A.D.694〜A.D.710

奈良県橿原市にあった飛鳥時代の日本最初の都城。首都。
天武天皇が造営に着手し、没後、持統天皇が引き継いで694年に遷都した。持統天皇・文部天皇・元明天皇(平城京遷都まで)3代の都。

藤原京

律令国家の形成

672年の壬申の乱をへて、大海人皇子は、683年に飛鳥浄御原宮あすかきよみはらのみやで即位した(天武天皇てんむてんのう)。
それまで「大王おおきみ」とされていた君主号にかわるものとして、「天皇」号が制定されたのも、天武朝出会ったと考えられる。中国の「皇帝」と対置し、中国皇帝の冊封さくほうを受けた新羅の「国王」よりも優位に立つ、「東夷の小帝国」の君主として、自らを位置付けようとしたのである。

天武天皇は、大臣をおかず、皇后(天智天皇皇女の鵜野皇女。のちの持統天皇)や、草壁皇子くさかべのみこ・大津皇子・高市皇子らの皇子、そして諸王などの皇親を重く用いることによって、律令体制国家の早急な建設をめざした。
各官司の統括者には諸王が任じられ、また、律令制支配を浸透させるために頻繁に各地方に派遣された使節の統括者にも、諸王が任命された。
一方、氏族層は、唐・新羅戦争という激動が続く東アジア情勢の中、律令国家の官僚の出身母体になることこそ、支配者層として生き残って行く道であることを悟り、皇族や皇親が主導する政治体制の下位に自らを位置付けた。天武朝に始まり、律令国家体制の成立まで続いたこの政治体制を皇親政治という。
まつりごとの要は軍事なり」と詔した天武天皇は、畿内を武装化した軍国体制のもと、強大な天皇権力を利用して国家機構を組織し、皇親や諸豪族をその中に再編成することをめざした。そのためにまず整備したのは、豪族と官吏に登用する際の出身法や、勤務評定と昇進の制度であった。ここに個人の能力と忠誠を昇進条件とする官僚制が、本格的に形成され始めたのである。
その一方では675年に、天智天皇が定めた氏族単位の民部かきべを廃止し、682年には、官人個人に食封じきふを支給する制度への改定を進めるなど、律令官人化政策が推進された。
さらに681(天武天皇10)年、律令の制定に着手し、685(天武天皇14)年には、そのうちの冠位制のみを先行して施行した。この冠位制は、皇子と諸王のための冠位と、諸臣のための冠位とにわかれており、皇親と諸臣を明確に区分したうえで、皇親を諸臣の上位に置いたものである。皇親も授位範囲に含ませたことは、全ての支配者層に冠位を授与して国家の官僚にしようとした天武天皇の意図を表している。
同じ681(天武天皇10)年、「帝紀および上古諸事」を記し定めることによって国史の編纂が開始された。これは、それまで天武天皇自身のもとで行われていた私的な歴史書編纂(これがのちの『古事記』に結実する)にかわって行われた大規模な国家レベルの修史事業であり、のちに『日本書紀』として完成することになる。
また、684(天武天皇13)年には八色の姓やくさのかばねを定め、天武朝という時点における勢力や功績に対応した形で、姓を再編成した。
八色の姓は、真人まひと朝臣あそみ宿禰すくね忌寸いみき道師みちのしおみむらじ稲置いなぎからなり、上位4屍が、上級貴族を出す母体の氏族とされた。もともと臣、連の姓を持つ氏族のうちで、有力なものはそれぞれ朝臣・宿禰姓を賜ったが、この時の賜姓からもれた者は、第6・第7の格に落とされたことになる。
天武天皇は、銭貨としての富本銭ふほんせんの鋳造を始めるとともに、すでに藤原京の造営にも着手していたが、律令制定・国史編纂・都城造営という諸事業の完成を見ないまま、686年に死去した。
あとを継いだ皇后の鸕野皇女(持統天皇)は、689年、飛鳥浄御原令あすかきよみはらりょうを施工し、その「戸令」に基づいて戸籍の作成を命じた。
これは庚寅年籍こういねんじゃくとして翌690年に完成したが、五十戸を一里として国・評・里・戸の制を確立したのも、この時であった。戸は、1戸から一人の兵士を徴発するように、成年男子が平均4丁含まれるように編成された。
また、692年には班田使が派遣されたが、この時から全国的な班田収受が始まったとされる。
694年には、飛鳥の北方に藤原京が完成し、遷都が行われた。これは、条坊じょうぼうを備えた、わが国最初の本格的な都城である。
持統天皇は、697年に天皇位を孫の文武天皇もんむてんのうに譲ったが、その後も太上天皇たいじょうてんのうとして天皇を後見し、政治の実権を握った。このようにして大化改新以来進められてきた、天皇制と官僚制を軸とする中央集権的律令国家体制の建設は、ようやく完成へと近づいたのである。

宮と京

ヤマト政権においては、大王や王の存在が、居住した「宮」と一体のものとして把握されていた。これは、それぞれの王族が、これぞれの皇子宮みこのみやにおいて養育され、成人後もそこを政治的本拠地にすることが多かったことから生じたものである。
7世紀以前の大王が、即位するごとに歴代遷宮を行なったとされるのも、実は即位以前の皇子宮において、即位後もそのまま執務を行なったことによるのである。
豪族や王族は、政務に参加するために、自己の地盤となる地からその宮まで通う必要があった。ところが藤原京の成立以後は、一つの宮において何代もの天皇が政治をとることとなった。その場合の「宮」(「宮室」「宮城」)とは、天皇の居住する内裏をはじめ、政務をとる場としての朝堂ちょうどう、官人が執務する曹司そうし官衙かんがなどを含むものである。
一方、藤原京以降は、大小の道路によって碁盤目状に区画された条坊制に基づいた街区を構成する広大な地域がつくられた。これを「京」(「京城」「都城」)と読んで区別している。そこには多くの貴族や官人が宅地を与えられて居住し、また寺院や市場も設けられた。

宮城

都市名主な天皇在住期間現在の地名副都、その他
軽島豊明宮かるしまのとよあきらのみや応神天皇430橿原市大軽町大隅宮(東淀川区大隅)
難波高津宮なにわたかつのみや仁徳天皇456?大阪市
泊瀬朝倉宮はつせのあさくらのみや雄略天皇480奈良県桜井市 
磐余甕栗宮いわれのみかくりのみや清寧天皇480〜485奈良県桜井市
近飛鳥八釣宮ちかつあすかやつりのみや顕宗天皇485〜488奈良県明日香村
石上広高宮いそのかみひろたかのみや仁賢天皇488〜498奈良県天理市
泊瀬列城宮はつせのなみきのみや武烈天皇498〜507奈良県桜井市
樟葉宮くずはのみや継体天皇507〜511大阪府枚方市
筒城宮つつきのみや継体天皇511〜518京田辺市
弟国宮おとくにのみや継体天皇518〜526京都府長岡京市
磐余玉穂宮いわれのたまほのみや継体天皇526〜532奈良県桜井市
勾金橋宮まがりのかなはし宣化天皇532〜535奈良県橿原市
檜隈廬入野宮ひのくまのいおりの宣化天皇535〜540奈良県桜井市
磯城島金刺宮しきしまのかなさしのみや欽明天皇540〜572奈良県明日香村, 奈良県桜井市 *橘の宮(橘寺)
百済大井宮くだらのおおいのみや敏達天皇572〜575大阪府河内長野市, 奈良県広陵町, 大阪府富田林市, 奈良県桜井市 * 
訳語田幸玉宮おさたのさきたまのみや敏達天皇575〜585奈良県桜井市
磐余池辺雙槻宮いけのへのなみつきのみや用明天皇585〜587奈良県磯城郡, 奈良県桜井市 *
倉梯柴垣宮くらはししばがきのみや崇峻天皇587〜593
豊浦宮とゆらのみや推古天皇593〜603奈良県明日香村
小墾田宮おはりだのみや推古天皇603〜630奈良県明日香村
小墾田宮おはりだのみや皇極天皇642〜643奈良県明日香村
飛鳥岡本宮あすかおかもとのみや舒明天皇630〜636奈良県明日香村
田中宮たなかのみや舒明天皇636〜640奈良県橿原市
百済宮くだらのみや舒明天皇640〜 642奈良県広陵町, 奈良県桜井市 *
飛鳥板蓋宮あすかいたぶきのみや皇極天皇643〜 645奈良県明日香村
難波宮(難波長柄豊碕宮)なにわながらのとよさきのみや斉明天皇661〜667大阪府大阪市
難波宮(難波長柄豊碕宮)なにわながらのとよさきのみや孝徳天皇645〜655大阪府大阪市 
飛鳥川原宮あすかかわらのみや斉明天皇655〜656奈良県明日香村難波長柄豊碕宮
後飛鳥岡本宮のちのあすかのおかもとのみや斉明天皇656〜661奈良県明日香村難波長柄豊碕宮
朝倉橘広庭宮あさくらのたちばなのひろにわのみや斉明天皇661高知市朝倉丙, 朝倉市 *難波長柄豊碕宮
近江宮おうみのみや天智天皇
弘文天皇
667〜672大津市難波長柄豊碕宮
飛鳥浄御原宮あすかきよみがはらのみや天武天皇
持統天皇
672〜694奈良県明日香村難波長柄豊碕宮
藤原京ふじわらきょう文武天皇694〜710奈良県橿原市 
平城京へいじょうきょう元明天皇710〜740奈良県奈良市難波京
平城京へいじょうきょう聖武天皇745〜784奈良県奈良市難波京, 保良宮, 由義宮
恭仁京くにきょう聖武天皇740〜743京都府木津川市難波京
紫香楽宮しがらきのみや聖武天皇743〜744滋賀県甲賀市難波京
難波京なにわきょう 聖武天皇744〜745大阪府大阪市
長岡京ながおかきょう桓武天皇784〜794京都府向日市,
京都府長岡京市,
京都府京都市 *
平安京へいあんきょう桓武天皇794〜1180京都府京都市
平安京へいあんきょう安徳天皇1180〜1868京都府京都市
福原京ふくはらきょう安徳天皇1180兵庫県神戸市平安京
(南朝)
吉野行宮よしののあんぐう
後醍醐天皇1348奈良県吉野町 
(南朝)
吉野行宮よしののあんぐう
長慶天皇1373奈良県吉野町
(南朝)
賀名生行宮あのうあんぐう
醍醐天皇1336奈良県五條市
(南朝)
賀名生行宮あのうあんぐう
後村上天皇1348〜1351奈良県五條市
(南朝)
賀名生行宮あのうあんぐう
後村上天皇1352〜1354奈良県五條市
(南朝)
賀名生行宮あのうあんぐう
長慶天皇1373〜1392奈良県五條市
(南朝)
天野行宮あまのあんぐう
後村上天皇1354〜1359大阪府河内長野市
(金剛寺)
(南朝)
住吉行宮すみよしあんぐう
後村上天皇1360〜1373大阪府大阪市
東京明治天皇1868〜現在東京都千代田区皇 京都を首都と解する立場がある(東京奠都は都を東京に遷すものではないとの解釈)。

参考 Wikipedia

藤原京が登場する作品

持統天皇の生涯とともに、大化改新、壬申の乱、唐・朝鮮半島との外交問題などを描いた大作

¥7,744 (2021/10/17 16:13:38時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4069408126
広告
Previous Post

Next Post