蘇我入鹿
蘇我入鹿首塚と甘樫丘 Wikipedia

蘇我入鹿

/

蘇我蝦夷

蘇我馬子

蘇我入鹿 (不詳〜645)

飛鳥時代の豪族。皇極天皇のとき、父蘇我蝦夷をしのぐ実権を掌握。643年厩戸王の子である山背大兄王やましろのおおえのおうの一族を滅ぼし、権力集中をめざしたが、官僚制的な中央集権国家をめざした中臣鎌足と中大兄皇子に、645年、乙巳の変で謀殺された。