血盟団事件
血盟団事件 ©世界の歴史まっぷ

血盟団事件

/ /

Previous Post

血盟団事件 けつめいだんじけん

1932年、血盟団員による前蔵相井上準之助いのうえじゅんのすけ(2月)、団琢磨だんたくま(3月)の暗殺事件をいう。血盟団は井上日召いのうえにっしょうを中心とする右翼団体。一人一殺主義で、政・財界の要人暗殺を企図した。

Previous Post