衆愚政治

/

Previous Post

衆愚政治 古代ギリシアの民主政ポリスにおいて、参政権を獲得した大衆が烏合うごうの衆と化して無定見な政策の決定を行った政治。その典型とされる紀元前5世紀後半のアテネでは、ペロポネソス戦争の遂行にあたって、ペリクレス亡きあとクレオンをはじめとするデマゴーゴス(民衆指導者)が民会を牛耳って失策を重ね、やがて敗北に至った。こうした状況を厳しく批判したのがプラトンやアリストテレスらの思想家であり、彼らは、前5~前4世紀のアテネで実現された徹底した民主政治(民衆による支配)を下層の貧民による支配ととらえ、これを衆愚政治として批判した。同様の見解は、後のローマの歴史家ポリビオスの政治理論にもみられる。

出典 小学館 日本大百科全書

Previous Post