西園寺公望
西園寺公望(国立国会図書館蔵/ 近代日本人の肖像
Previous Post

西園寺公望 さいおんじきんもち (A.D.1849〜A.D.1940) 公家出身の政治家。枢密院議長、文・外相などを歴任。1903年、伊藤博文の後を受けて立憲政友会総裁となり、明治末期に2度組閣。 パリ講和会議 の全権委員。大正後期以降は、唯一の元老として立憲政治の保持に尽力。

Previous Post