赤眉の乱
赤眉の乱 ©世界の歴史まっぷ
Previous Post

Next Post

赤眉の乱 (A.D.18〜A.D.27) 赤眉の乱せきびのらんは、新(中国)をたてた王莽の政策が社会の実情に合わずに政治が混乱するなかでおきた農民の反乱。反乱をおこした農民たちが、王莽の軍隊と識別するために眉毛を赤く染めたことから、この呼び名がある。それに乗じた地方豪族の反乱もおこって、都の長安は陥落し、王莽は殺されて新はわずか15年で滅亡した。

Previous Post

Next Post