趙匡胤
趙匡(故宮博物院蔵)©Public Domain

恭帝

太宗(宋)

Previous Post

Next Post

趙匡胤 (A.D.927〜A.D.976) 太祖(宋)。 趙匡胤ちょうきょういんは、宋(北宋)初代皇帝(在位960〜976)。武人として後周に仕えた。7歳の恭帝(柴宗訓)の即位後、部下に推され、禅譲により960年開封(汴州)を都に宋を建国。門閥貴族の風潮をおさえるため文治主義をとり、節度使勢力の削減に努めた。また科挙の整備をはかり、皇帝がみずから試験官となる殿試を実施し、皇帝独裁体制を強化した。

Previous Post

Next Post