近衛文麿
近衛文麿 (1938-内閣情報部) ©Public domain

近衛文麿


Previous Post

Next Post

近衛文麿このえふみまろ 1891年 – 1945年
日本の政治家。第34代、第38代、第39代内閣総理大臣。第二次世界大戦A級戦犯のひとり。

近衛文麿

後陽成天皇の12世孫にあたり、藤原忠通の子基実を始祖とする五摂家の一つ。江戸時代初期に嗣子を欠いたため、後陽成天皇の第四皇子が母方の叔父・信尹の養子となり信尋として近衛家を継いだ。
文麿はその直系十一世孫にあたり、その血統は当時は大勢いた皇族よりもずっと皇室に近かった。

政治家歴

第38-39代 内閣総理大臣

内閣 第2次近衛内閣
第3次近衛内閣
在任期間 1940年7月22日 – 1941年10月18日
天皇 昭和天皇

第34代 内閣総理大臣

内閣 第1次近衛内閣
在任期間 1937年6月4日 – 1939年1月5日
天皇 昭和天皇

第9代 貴族院議長

在任期間 1933年6月9日 – 1937年6月7日
天皇 昭和天皇

国務大臣

内閣 東久邇宮内閣
在任期間 1945年8月17日 – 1945年10月9日
天皇 昭和天皇

第13代 拓務大臣

第57代 外務大臣(兼任)
内閣 第1次近衛内閣
在任期間 1938年9月30日 – 1938年10月29日
天皇 昭和天皇
その他の職歴

第43代 司法大臣(兼任)

(1941年7月18日 – 1941年7月25日)

農林大臣臨時代理

(1940年7月22日 – 1940年7月24日)

第18代 枢密院議長

(1939年1月5日 – 1940年6月24日)

貴族院議員

(1916年10月11日 – 1945年12月16日)

概要

太平洋戦争中、昭和天皇に対して「近衛上奏文」を上奏するなど、戦争の早期終結を唱えた。
また、戦争末期には、独自の終戦工作も展開していた。

太平洋戦争終結後、東久邇宮内閣にて国務大臣として入閣した。

大日本帝国憲法改正に意欲を見せたものの、A級戦犯に指定され服毒自殺した。

近衛文麿が登場する作品

終戦のエンペラー 木戸幸一 近衛文麿
終戦のエンペラー

終戦のエンペラー ( Emperor ) あらすじと見どころ – 世界の歴史まっぷ

松竹ホームビデオ
¥3,339 (2021/10/24 23:24:16時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B00FIVRL5S
広告
Previous Post

Next Post