道元
道元(画像出典:映画「禅 ZEN」©角川書店)

道元

/

Previous Post

Next Post

道元 どうげん (A.D.1200〜A.D.1253) 鎌倉時代前期の禅僧。曹洞宗の開祖。源通親の六男。両親の死もあって13歳で比叡山に登るが、貴族密教化した比叡山に嫌気がさし、1223年(貞応2)に入宋、天童如浄に学ぶ。帰国後「坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがあるという只管打坐の禅を伝えた。道元は僧の堕落は富貴から起こると考え、世俗的な栄達を嫌い、生涯黒衣の平僧の身分を貫いた。

Previous Post

Next Post