道元
道元(画像出典:映画「禅 ZEN」©角川書店)

道元


Previous Post

Next Post

道元 どうげん( A.D.1200〜A.D.1253)

鎌倉時代前期の禅僧。曹洞宗の開祖。源通親の六男。両親の死もあって13歳で比叡山に登るが、貴族密教化した比叡山に嫌気がさし、1223年(貞応2)に入宋、天童如浄に学ぶ。帰国後「坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがあるという只管打坐の禅を伝えた。道元は僧の堕落は富貴から起こると考え、世俗的な栄達を嫌い、生涯黒衣の平僧の身分を貫いた。

道元

「只管打坐」その心を説いた、曹洞宗の開祖

道元は、内大臣として後鳥羽朝で重きを成した源通親みなもとのみちちかの子として生まれた。六男であり幼時の両親の死もあってか、13歳で比叡山に登る。しかし「人間は本来、仏である」と言う天台の教えに疑問をもつ。仏であるなら、なぜ修行が必要なのか。貴族密教化した比叡山に嫌気がさしたこともあり、山を降りた道元は、1223年(貞応2)に渡宋、天童如浄てんどうにょじょうに学び疑問を解決した。座禅こそ悟りである(只管打坐しかんたざ)と。帰国した道元は建長寺に身を寄せ布教に努める。しかし比叡山の圧迫を受け越前に入り、大仏寺(のちの永平寺)を開山。44歳であった。

道元は政治権力とは結びつかず、執権北条時頼の寺院建立の申し出も固辞。後嵯峨天皇からの紫衣しえも身につけなかった。道元は僧の堕落は富貴から起こると考え、世俗的な栄達を嫌い、生涯黒衣の平僧の身分を貫いた。

ビジュアル版 日本史1000人 上巻 -古代国家の誕生から秀吉の天下統一まで

道元が登場する作品

アミューズソフト
¥3,405 (2021/07/31 15:11:19時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B0026ESMV2
広告
Previous Post

Next Post