商業ルネサンス ロンバルディア同盟 中世都市の成立と遠隔地商業 ハンザ同盟 遠隔地商業 中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図
中世の商業地区-ハンザ同盟主要加盟都市地図 ©世界の歴史まっぷ
Next Post

遠隔地商業 中世後期のヨーロッパでは、諸地域の特産物を海路や陸路を通じて交易する遠隔地商業が発展し、中世都市の重要な経済的基礎となった。アラブ商人が隊商をくんで東方から地中海東岸まで運んできた香辛料、特にコショウは、ヨーロッパにとって肉の貯蔵と調味に欠かせない国際的商品で、需要が増大した。ヴェネツィア・ジェノヴァなどのイタリア商人は地中海経由でこれをもたらし、莫大な富を手に入れた。その際、見返りとして東方に送られた最も重要なものは南ドイツ産の銀で、アウクスブルクなど南ドイツ諸都市はこれを基礎に繁栄した。 毛織物も広く全ヨーロッパに流通した商品で、フィレンツェなどの北イタリア都市、中世最大の毛織物工業地帯であるフランドル諸都市の発展はこれによるものである。またその原料となる羊毛の最大の生産地イギリスは、羊毛取引による関税が王室の重要な収入源であった。また、ブドウ酒はカトリックの儀式や上流階級の生活の必需品で、広く取引され、その特産地の西南フランスのガスコーニュ地方(ボルドー)は、百年戦争に際してイギリス・フランスの争奪のまととなった。(もういちど読む山川世界史

Next Post