遣唐使
遣唐使船 ©日本新華僑報

遣唐使

/

Previous Post

Next Post

遣唐使 日本からの遣唐使は、630(舒明2)年の犬神御田鍬いぬがみのみたすきの派遣に始まり、894(寛平6)年の菅原道真すがわらのみちざねの建議による中止にいたるまで、十数回にわたって唐に渡航した。8世紀には遣唐使がほぼ20年に1度の割合で派遣され、唐の進んだ政治・文化や文物を伝える役割を果たした。遣唐使がもたらした文物は、古代日本の国家体制や文化の形成に大きな影響を与えた。

Previous Post

Next Post