遣隋使
日本書紀 ©Public Domain

遣隋使

Previous Post

Next Post

遣隋使  (600年〜618年) 推古朝の倭国(俀國)が技術や制度を学ぶために隋に派遣した朝貢使のことをいう。 600年(推古8年)~618年(推古26年)の18年間に5回以上派遣されている。なお、日本という名称が使用されたのは遣唐使からである。 倭の五王による南朝への奉献以来約1世紀を経て再開された遣隋使の目的は、東アジアの中心国・先進国である隋(王朝)文化の摂取が主であるが、朝鮮半島での影響力維持の意図もあった。この外交方針は次の遣唐使の派遣にも引き継がれた。

Previous Post

Next Post