李朝 西夏遠征 甘州ウイグル王国 国際関係の変化 西夏の成立 遼の成立 宋の統一 遼朝 天山ウイグル王国 西夏 カラハン朝 北宋 11世紀の東アジア地図
11世紀の東アジア地図 ©世界の歴史まっぷ

契丹

回鶻(ウイグル), 渤海

北遼, 西遼

金(王朝)

Previous Post

Next Post

遼朝 (契丹) (A.D.916〜A.D.1125) モンゴル系契丹族は4〜5世紀ころからモンゴル高原東部で遊牧・狩猟生活する一部族であったが、北アジアのトルコ系ウイグルが840年キルギスの侵入で西遷すると、耶律阿保機が契丹の8部族を統合し、916年、内モンゴルの臨潢府を都に遼(王朝)を建国。タングルート(党項)や吐谷渾などを征服、926年渤海を滅ぼした。建国当初は大契丹国と称したが、947年第2代耶律堯骨が中国風に遼と改め、燕雲十六州を獲得して大勢力となった。1125年、金朝と結んだ北宋に滅ぼされた。中国を支配した最初の征服王朝に数えられ、二重統治体制で異なる民族を統治した。

Previous Post

Next Post