酒井忠次
酒井忠次像(先求院所蔵)©Public Domain

酒井忠次

/

Previous Post

Next Post

酒井忠次 さかいただつぐ(A.D.1527〜A.D.1596) 徳川四天王・徳川十六神将。徳川家康の人質時代からの臣。三河の一向一揆を鎮圧。家臣団の中で中核的存在となる。家康の嫡男信康に内通嫌疑がかけられたとき弁明の使者となったが、信康の行状も信長に報告。信康の死は免れなくなってしまった。

Previous Post

Next Post