重源
重源上人坐像(運慶作/東大寺蔵/国宝)(画像出典:巡る奈良

重源

/ /

Previous Post

重源 ちょうげん (A.D.1121〜A.D.1206) 真言・浄土宗の僧。3度にわたって入宋し、そのたびに多くの仏像、経典をもたらし、新しい土木技術なども習得して伝えた。治承・寿永の乱で消失した東大寺の勧進上人に選ばれ、資金集めから建築までを指揮した。大仏様を用いて建てられた東大寺南大門、浄土寺浄土堂が遺構として残る。

Previous Post