金地院崇伝
以心崇伝像 部分(狩野探幽画/金地院蔵)©Public Domain

金地院崇伝

Previous Post

Next Post

金地院崇伝 こんちいんすうでん(A.D.1569〜A.D.1633) 臨済宗の僧。家康の側近として外交事務と寺社行政を担当し、武家諸法度や禁中並公家諸法度の起草につくし「黒衣の宰相」とよばれた。字は以心、法名が崇伝。南禅寺の金地院に住んでいたことから、金地院崇伝ともいう。

Previous Post

Next Post