金庾信
金庾信 ©Public domain

金庾信


Previous Post

Next Post

金庾信 (キム・ユシン、きんゆしん)
595年 – 673年 三国時代(朝鮮半島)新羅の将軍。新羅の朝鮮半島統一(三韓統一)に最大級の貢献をした。妹は武烈王に嫁いで文明夫人となり、その長子が第30代文武王となる。

金庾信

  • 647年の善徳女王の死後、金春秋と共に真徳女王を立ててこれを補佐する。
  • 真徳女王死後、金春秋を武烈王として即位させる。
  • 新羅は648年に高句麗百済麗済同盟に対抗するために唐に救援を求める。
  • 660年、唐と共同で百済へ進軍し(唐・新羅の同盟)、黄山伐の戦いで百済の将軍階伯を激戦の末に破り、同年、百済を滅ぼした。
  • 663年に白村江の戦いで倭と百済の残党勢力を排除する。
  • 668年に高句麗に出兵し(唐(王朝)高句麗出兵)、高句麗も滅ぼす。
  • 668年12月、文武王より太大角干の官位を贈られる。それまでの新羅の官位の最上階の大角干を上回る官位として設置されたものである。
  • 673年7月1日に79歳で死去したとき、文武王は嘆き悲しみ、帛1千匹と租2千石とを香典として下賜した。のちに興徳王(在位:826年 – 836年)の時代になって、<興武大王>に封じられた。
  • 金庾信の死後、676年に百済に熊津都督府、高句麗に安東都護府、新羅に鶏林州都督府を設置して着々と朝鮮半島支配を進める唐を唐・新羅戦争で破り、ついに三国を統一した。

金庾信が登場する作品

大王の夢

金庾信 大王の夢
金庾信
新羅の英雄キム・ユシンは享年きょうねん79歳で息を引き取った。
金管伽耶王室の子孫に生まれ、15歳で花郎徒に入り、風月主プンウォルチュの座につき、花郎徒の護国精神を高めた。
真智王の孫チュンチュと意気投合し、三韓統一の大業に生涯を捧げた。
ナンビ城での戦いを勝利に導いた後、高句麗や百済に百戦百勝した名将として、高句麗や百済、唐にまでその名をとどろかせた当代一の名将であった。
三韓の統一戦争の激動期に羅唐軍を率いて百済と高句麗を征伐した功臣であり当時の新羅朝廷を導いた宰相であった。
文武王は当代の忠臣ユシンを金山原クムサノンに葬り、碑を建てて功績を刻ませた。
その死から162年後の興徳フンドク王10年には興武フンム大王に追尊された。

大王の夢 王たちの戦争 あらすじ – 世界の歴史まっぷ

DVD

天智と天武

¥4,975 (2021/09/16 23:46:42時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: B01LTI9X5Y
広告
Previous Post

Next Post