閑院宮
閑院宮載仁親王と同妃智恵子(宮内省蔵/WIKIMEDIA COMMONS)©Public Domain

閑院宮

/

Previous Post

Next Post

閑院宮 かんいんのみや(A.D.1718〜A.D.1947) 6代将軍家宣のとき創設された宮家(世襲親王家)。近衛基熙が太政大臣、息子の家熙が関白となって中枢を占めると、基熙の娘は、家宣の正室でもあり、幕府と朝廷の協調関係が増した。それまでは伏見·桂・有栖川の3家しかなく、天皇の子弟の多くが出家して門跡寺院に入室している状態の改善のため、閑院宮家を設けた。1947(昭和22)年皇籍離脱。

Previous Post

Next Post