間宮林蔵
間宮林蔵と『東韃地方紀行』 ©世界の歴史まっぷ

間宮林蔵

/ /

Previous Post

間宮林蔵 まみやりんぞう (A.D.1775〜A.D.1844) 北方探検家。1808年、幕命によって樺太(北蝦夷地)を探査し、島であることを確認(間宮海峡の発見)。さらにシベリアの黒龍江下流地方も探査した。晩年は幕府隠密をつとめたという。

Previous Post