間宮林蔵
間宮林蔵と『東韃地方紀行』 ©世界の歴史まっぷ

間宮林蔵


Previous Post

間宮林蔵 まみやりんぞう( A.D.1775〜A.D.1844)

北方探検家。1808年、幕命によって樺太(北蝦夷地)を探査し、島であることを確認(間宮海峡の発見)。さらにシベリアの黒龍江下流地方も探査した。晩年は幕府隠密をつとめたという。

間宮林蔵

北方探検家。1808年、幕命によって樺太(北蝦夷地)を探査し、島であることを確認(間宮海峡の発見)。さらにシベリアの黒龍江下流地方も探査した。晩年は幕府隠密をつとめたという。

¥946 (2021/09/23 21:19:27時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634013045

間宮海峡にその名を残す

北方探検家。幕府隠密。常陸国に生まれる。測量の才を認められ幕府に出仕。松田伝十郎と共に樺太に渡り、樺太が島であることを確認。翌年、単身でシベリアに渡り黒龍江下流域を調査。シーボルト事件で高橋景保を密告、人望を失い、その後は幕府隠密となった。

幕藩体制の動揺

幕府の衰退

列強の接近

1807(文化4)年、幕府は松前・蝦夷地をすべて直轄にして松前奉行をおき、南部・津軽両藩を中心に東北諸藩に警備させた。樺太も直轄にしたがその周回すら不詳のため、1808(文化5)年から翌年にかけて幕府は間宮林蔵(1755-1844)らに探査を命じ、間宮は樺太が島であることを確認するとともに、対岸の沿海州に渡り、清(王朝)の役所があるデレンまで足を踏み入れた。

北方探査要図
北方探査要図 ©世界の歴史まっぷ
¥2,750 (2021/09/23 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739
¥2,750 (2021/09/23 20:47:06時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4634010739

東韃地方紀行図出典:国立公文書館

広告
Previous Post