関孝和
関孝和と括要算法 ©世界の歴史まっぷ

関孝和

/ / /

Previous Post

Next Post

関孝和 せきたかかず(A.D.1640?〜A.D.1708) 江戸時代初期の和算家。吉田光由の『塵劫記』の内容の段階をさらに高め、縦書きの筆算代数学や微分・積分に類似する方法で、円周率や円の面積などについての解法を示す『発微算法』を著した。

Previous Post

Next Post