陳勝・呉広の乱
陳勝・呉広の乱 大泽乡起义
Previous Post

Next Post

陳勝・呉広の乱 (紀元前209年〜紀元前208年) 秦の二世皇帝即位の翌年、農民の陳勝ちんしょう呉広ごこうのおした反乱。陳勝は日雇いで生計を立てていた貧しい農民で、北辺の守備に徴発されたが、期に遅れた。斬罪を恐れて呉広らと引率の隊長を斬り、挙兵した。秦の圧政に苦しむ農民の支持をえて反乱の規模は拡大したが、わずか6ヶ月で鎮圧された。しかし2人の挙兵を機に項羽、劉邦らが兵をあげ、秦は滅亡した。

Previous Post

Next Post