Previous Post

Next Post

陸象山 (陸九淵) (A.D.1139〜A.D.1192) 南宋の儒学者・官僚。朱熹が学問や知識を重視して客観的な概念論を説いたのに対し、同時代の陸九淵りくきゅうえん陸象山りくしょうざん)は、人間の心性を重視し、心の中にこそ理は内在すると説き(心即理)、認識と実践の統一をはかる主観的な唯心論を説いた。この説は、のちに明の王陽明おうようめいによって陽明学として発展させられた。

Previous Post

Next Post