韓信
韓信 ©Public Domain

韓信

/

Previous Post

韓信 (?〜紀元前196年) 韓信かんしんは、若い頃は貧しく職もなく、人びとから施しを受けながら生活していた。秦末の反乱で項羽につくが、重用されないと、劉邦のもとへ行った。韓信の非凡な才を見ぬいた蕭何しょうかは、韓信を「国士無双こくしむそう」と評し、劉邦に厚遇を薦めた。大将軍の地位を得た韓信は、趙・魏・燕・斉を制圧し大出世したが妬みを買う。最後は政権を奪おうと開き直るが、謀略が未然に発覚し、蕭何に捕らえられて刑死した。兵家。

Previous Post