韓信
韓信 ©Public Domain

韓信


Previous Post

韓信 (?〜紀元前196年)

韓信かんしんは、若い頃は貧しく職もなく、人びとから施しを受けながら生活していた。秦末の反乱で項羽につくが、重用されないと、劉邦のもとへ行った。韓信の非凡な才を見ぬいた蕭何しょうかは、韓信を「国士無双こくしむそう」と評し、劉邦に厚遇を薦めた。大将軍の地位を得た韓信は、趙・・燕・斉を制圧し大出世したが妬みを買う。最後は政権を奪おうと開き直るが、謀略が未然に発覚し、蕭何に捕らえられて刑死した。兵家。

韓信

劉邦を支えた名軍師から転落の刑死

韓信は、貧しく職もなく、人びとから施しを受けながら生活していた。しかし志は高く、への反乱が起こると項羽につく。重用されないと、今度は劉邦につくため漢中へと移った。

韓信の非凡な才を見ぬいた蕭何しょうかは、韓信を「国士無双こくしむそう」と評し、劉邦に厚遇を薦めた。大将軍の地位を得た韓信は、劉邦に項羽の弱点や、北部から攻略する作戦を述べた。韓信は河を背にして戦う「背水の陣」によって「」を撃破し、続いて、「」「」「」を征圧。楚王に就いた。しかし異例の大出世に妬みも買った。計略にかけられ、劉邦と蕭何との仲をこじらせてしまう。政権を奪おうと開き直るも、謀略は未然に発覚し、捕らえられて刑死した。

韓信 の股くぐり

韓信
韓信 ©Public Domain
韓信は若い頃、町の少年に「お前は背が高く、いつも剣を帯びているが、実際には臆病者に違いない。その剣で俺を刺してみろ。できないならば俺の股をくぐれ」と挑発された。韓信は黙って少年の股をくぐり、周囲の者は韓信を大いに笑ったという。その韓信は、「恥は一時、志は一生。ここでこいつを切り殺しても何の得もなく、それどころか仇持ちになってしまうだけだ」と冷静に判断していたのである。この出来事は「韓信の股くぐり」として知られることになる。
¥3,677 (2021/08/04 10:49:44時点 Amazon調べ-詳細)
ASIN: 4791620615

韓信が登場する作品

項羽と劉邦 King’s War

韓信
韓信

「項羽と劉邦 King’s War」紀元前231-紀元前196年。准陰(江蘇省淮安市)の人。前漢建国の功臣であり、中国歴史上傑出した軍事家で、蕭何・張良とともに漢の三傑とされる。その戦功のため斉王、楚王の位についたが、後に准陰候に落とされる。漢王朝天下統一に輝かしい戦功を立てたが、後に高祖(劉邦)に疑われて最後は謀叛罪で処刑される。韓信は中国軍事思想における「謀戦」派の代表的人物であり、「※国士無双」と呼ばれている。
※国士無双=国中で比べる者がないほど優秀な人物のこと。
韓信役: ドアン・イーホン

広告
Previous Post