願成就院
願成就院本堂 Wikipedia

願成就院

/

Previous Post

Next Post

願成就院 がんじょうじゅいん 1189(文治5)年、鎌倉幕府初代執権で源頼朝の妻・北条政子の父、北条時政により北条氏の本拠地韮山にらやまに創建された。北条氏三代で築かれた伽藍および浄土式庭園はその後戦火で焼失したが、現在は境内の一帯が国の史跡に指定されている。大御堂には北条時政が1186(文治2)年に発願した、運慶作の「阿弥陀如来坐像(運慶)」や「不動明王立像・矜羯羅童子立像・制吒迦童子立像(運慶)」「毘沙門天立像(運慶)」(いずれも国宝)が安置される。高野山真言宗。

Previous Post

Next Post