飛鳥文化 律令国家の成立 法隆寺 律令国家の形成 飛鳥時代
法隆寺金堂・五重塔・中門・歩廊

飛鳥時代

/

Previous Post

Next Post

飛鳥時代 (592年〜710年) 崇峻天皇5(592)年から和銅3(710)年の118年間にかけて飛鳥に宮・都が置かれていた時代をさす。草創期は古墳時代の終末期と重なる。 狭義には、推古天皇元(593)年に聖徳太子が摂政になってから、持統天皇8(694)年の藤原京へ遷都までの、約102年間をさす。 推古朝に飛鳥文化、天武・持統朝に白鳳文化が華開いた時代でもある。

Previous Post

Next Post