里甲制 魚鱗図冊
魚鱗図冊 土地の図形が魚の鱗に見えることからこの名がある。Source 高中历史
Previous Post

Next Post

魚鱗図冊 魚鱗図冊ぎょりんずさつは、宋代以降、一部の地域で作成されていた土地台帳で、明初になって各地で作成された。一区画ごとに土地の所有者や税の負担が記入されているが、その形が魚の鱗に似ていることから、この名がつけられた。

Previous Post

Next Post