国風文化 国風文化の特色 国風文化 鳳凰堂 国風文化-貴族政治と国風文化
平等院鳳凰堂正面全景 (国宝)

鳳凰堂

/ / /

鳳凰堂ほうおうどう 平等院鳳凰堂は、1053(天喜元)年に、関白・藤原頼通によって建立された阿弥陀堂である。中堂、北翼廊、南翼廊、尾廊の4棟からなり、華やかな藤原摂関時代をしのぶことのできるほとんど唯一の遺構として、このうえなく貴重な建築であり、国宝に登録されている。平等院は「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。

世界遺産情報

平等院

日本
登録日
1994
宗派
単立
登録区分
文化遺産
登録名
古都京都の文化財
その他
国宝:鳳凰堂(中堂・両翼廊・尾廊)4棟, 木造阿弥陀如来坐像 1躯, 木造雲中供養菩薩像 52躯, 木造天蓋 1具, 金銅鳳凰 1対, 梵鐘 1口, 鳳凰堂壁扉画 14面