黄宗羲
黄宗羲像(清叶衍兰绘)黄宗羲画像取自《清代学者像传》第一集,清叶衍兰辑摹,黄小泉绘。(画像出典:生生学堂
Previous Post

Next Post

黄宗羲 (A.D.1610〜A.D.1695) 黄宗羲こうそうぎは、明末、清初の学者。儒学の経典の中に確実な証拠を求めて実証的に研究を進め、清代中期に確立する考証学の基礎をきずいた。実践を尊び、清末の革命派にも影響を与え「東洋のルソー」とも呼ばれる。『明夷待訪録めいいたいほうろく』『宋元学案そうげんがくあん』を著す。

Previous Post

Next Post